Heaven V

ぬくもりとクリアさを両立した自然なボーカル再生。
広く奥行きのある空間表現により、ライブの雰囲気をリアルに再現。
Heaven Vタイプの新型BAMにより、ぬくもりとクリアさを両立した自然なボーカル再生を実現。
筐体の素材には真鍮を採用。広く奥行きのある音場で、ライブの雰囲気を生き生きとリアルに再生します。
特長
低音と奥行きのある立体的な空間再生を実現するBAM機構
バランスドアーマチュア型ドライバーユニットは、鉄片を駆動させて音を出すという構造上「聴き疲れしやすい」、
「繊細で美しいが、奥行きの無い平面的な音」、「低音間の不足」などいくつかの問題を抱えています。
そこで、finalでは、マルチウェイ化よりも、原理的に問題が起きないシングルドライバーユニットの
フルレンジ再生で、低音と立体的な空間とを再生する技術を開発することにしました。
改めてバランスドアーマチュア型の動作を一から見直し、今まで見落とされてきた筐体内の空気の流れに着目。
通常密閉されているドライバーユニットに開口部を設け筐体内部の空気の流れを最適化する機構、
BAM(Balancing Air Movement)を開発。

シングルドライバーユニットのフルレンジ再生では困難であった低音と奥行きのある立体的な
空間再生を実現しながら、同時に自然で聴き疲れしないBA型イヤホンを可能にしました。
BAM機構に最適化して開口部を設けた
オリジナルバランスドアーマチュア型ドライバーユニット
筐体内の空気の流れを最適化するBAM機構のために、通常密閉されているドライバーユニット背面に
開口部を設けた独自仕様。
BAMの進化に合わせて高精度の加工を施した真鍮切削高剛性筐体
完璧に自然なボーカルを実現したHeaven VIの開発で得られた経験に基づいて、Heaven Vは生まれました。
人の耳が最もその良し悪しを判別しやすい人の声、ボーカルでの自然さは圧倒的。真鍮製の筐体に落ち着いたブラッククロムメッキ仕上。楽器にもよく使われる真鍮の華やかで明るい音に、ブラッククロムメッキが良い抑制感を加えて、絶妙な自然さを実現しています。従来のバランスドアーマチュア型とは一線を画し、
イヤホンでは経験できなかった空間の広がりを感じて頂けます。
選べる5サイズのオリジナルイヤーピース
3種類のイヤーピースを同梱。新型Eタイプは音導管部分と耳に触れる部分とで硬度が異なる2種類のシリコン素材を採用。
音導管部分には、耳に触れる部分に比べて硬度が高めのシリコンに溝加工を施すことで強度と柔軟性を両立。円形を
保ったまま耳の形に合わせてフィット。耳に触れる部分には柔らかいシリコンを採用し、快適な着け心地と
高い遮音性を実現しました。SS/S/M/L/LL5サイズ展開のEタイプに加え、密閉度と低音再生の異なるAタイプと
Bタイプ(3サイズ)も同梱。お好みによってお選び頂けます。
タッチノイズを抑えたオリジナルフラットケーブル
従来品に比べ、柔軟性を向上。タッチノイズを抑え、しなやかなオリジナルフラットケーブル。
背面開口部を不要とし、音漏れを軽減したBAM開口部
BAM開口部を設けたことで背面開口部が不要となり、音漏れを軽減しました。
スペック
型番
FI-HE5BSB3
筐体
真鍮削り出し ブラッククロム仕上
ドライバー
バランスドアーマチュア型
感度
112dB
インピーダンス
16Ω
質量
17g
コード長
1.2m
付属品
スチール製キャリーケース、シリコンイヤーピース(Eタイプ5サイズ、Aタイプ・Bタイプ3サイズ)
装着方法
左右を筐体裏側にあるL(左)、R(右)の表示にてご確認ください。本体を持ち、少しねじるように押し込んで、
両耳に装着します。装着位置によって音質が大きく変化しますので、音楽を再生しながら、片方づつ本体を
立体的に動かし、最も好ましく聴こえる位置に合わせて下さい。それが最適位置(ベストポジション)です。
一度体験すると、二度目からは無理なく位置を合わせる事が可能です。

※L(左)のブッシュ外側に左右識別突起がありますので、暗い場所でも手探りでL・Rの判別が可能です。
※通常、耳の形状は左右でかなり異なります。そのため、最適位置は左右の耳で異なります。
音質レビュー
全体的に元気でハリと厚みのある低域が特徴的なイヤホンです。高域は煌びやかさと聞きやすさのバランスが両立されています。ギターのジャキッとした音と非常に相性が良いので、ぜひお気に入りのバンドサウンドをお試しください。
ユーザーレビュー
3万円前後のシングルBA機を探し量販店や専門店で聞き比べたところ、
finalのheavenシリーズが低音の量があり、音のバランス、臨場感、広さがすばらしかったのでheavenシリーズに決めました。
シリーズの中でもheaven VIが特に良かったのですが予算的な都合で渋々諦めました。
heaven V Aging か V かで迷ったのですが、Vのほうが音がシャープな印象で自分にあってる音に感じたこと、アウトレットの在庫があったこともありVに決めました。
手元に届き、静かな環境で聞いたところ、お店で試聴した時よりも臨場感があり、ボーカルも艶やかに聞こえ、改めて買って良かったと思えました。
ケーブルについては重くコシが強いイメージがあったのですが、分岐より上は思ったよりも柔らかく、また重さもさほど感じず、耳から落ちてしまうような心配はなさそうでした。
ただ、私にはケーブルが少しだけ長いので、丸めて纏めておきたいのですが、分岐から下は少しコシが強く、平たいのでちょっと纏まりが悪いことと、
歩きながらの使用はタッチノイズが少し気になることがありました。
まあそれも全体的には小さなことで、コストパフォーマンスは最高です。5点満点で満足です。
(-代/男性)
先日、ボーカルについてお問い合わせをしました。HeavenVIを推薦してくださいましたが、eイヤホン、ヨドバシで試聴し、Vを購入しました。ご報告します。
だいぶ迷いましたが、VIを買ってしまうと、次が困りますから、その点を考慮しました。とりあえず今回はVにし、VIは次段階のためにとっておきます。
Vは、空間に芳醇な音が横溢し、歌手と音楽的空間が交響しているという印象です。VIは、どっしりとしつつ、品位のある明晰さが与えられていると感じました。これらⅴ、Ⅵに共通しているのは、ただよいながら消えてゆく余韻のうつくしさですね。
小生、東京の学校への通勤で高速バスを利用しています。その長時間に音楽を愉しみます。とくに、バロック、バッハ(カンタータなど)、それ以前17世紀初頭までの古楽による無伴奏器楽(バイオリン、チェロ、リコーダー)、声楽、日本の抒情歌(倍賞千恵子、鮫島有美子)、落語(志ん朝)、それに、文学作品朗読(日本、ドイツ)を聴いています。
これらを、自宅では、50年前のドイツ・シーメンスのスピーカー、真空管アンプ、オルトフォンSPUカートリッジ、英国CDプレイヤーで愛聴しています。
V、VIの音は、それらが鳴らす音調に通底していると感じました。いままで用いてきたイヤホンとは別次元です。いかにもmusikalisch。おどろきました。
さらに、右耳用・左耳用の別が即座に判別できる形状は、エルゴノミクスを想起させ、装着時にストレスがなく、秀逸なデザインと感心しました。
(60代/男性)
すべてのユーザーレビューを見る