Adagio V

不要共振を抑えるステンレス削りだし筐体により、スピード感ある音を実現。
ダイナミック型8mmドライバーユニットを2年かけて新設計。小型ユニットではどうしても出せなかった力強い音を実現。不要共振を抑えるステンレス削りだし筐体との組み合わせで、スピード感あふれる音楽体験を可能にしました。
特長
小口径で力強い音を実現したダイナミック型8mmドライバーユニット
小口径のドライバーユニットの開発は、非常に困難なものでした。サイズが小さい事で、全てに渡って
高い精度を要求します。また、小口径ドライバーユニットは鈍い音になりやすく、チューニングも同様に困難です。
初めての試作品が出来てから2年近くを費やした結果、小口径とは思えないほどのバランスの良さと、
スピード感ある音質を持つドライバーユニットが完成しました。AdagioⅤのドライバーユニットはステンレス筐体にあわせてチューニングされた専用モデルです。
筐体内の空気の流れを最適化する筐体形状
筐体内の空気の流れを最適化する筐体デザインによって、奥行きのある立体的な空間表現を得ています。
不要共振を抑えたステンレス高剛性筐体
筐体はステンレス削りだし。不要な共振を抑制する事で、スピード感あふれる音楽体験を可能にしました。
選べる5サイズのオリジナルイヤーピース
2種類のイヤーピースを同梱。新型Eタイプは音導管部分と耳に触れる部分とで硬度が異なる2種類のシリコン素材を採用。音導管部分には、耳に触れる部分に比べて硬度が高めのシリコンに溝加工を施すことで強度と柔軟性を両立。
円形を保ったまま耳の形に合わせてフィット。耳に触れる部分には柔らかいシリコンを採用し、快適な着け心地と
高い遮音性を実現しました。SS/S/M/L/LL5サイズ展開のEタイプに加え、密閉度と低音再生の異なる
Aタイプ(3サイズ)も同梱。お好みによってお選び頂けます。
タッチノイズを抑えたしなやかなオリジナルケーブル
Adagioシリーズはイヤーパッドを新設計。遮音性を高めたものとなっています。しかし遮音性が高まると、ケーブルの
タッチノイズが気になりやすくなります。線材とケーブル被覆の素材についても、Adagioシリーズ用に新たに設計。
タッチノイズが起こりにくいしなやかなケーブルを作りました。
スペック
型番
FI-AD5DSS3
筐体
ステンレス削り出し
ドライバー
8mmφダイナミック型
感度
100dB
インピーダンス
16Ω
質量
16g
コード長
1.2m
付属品
スチール製キャリーケース、シリコンイヤーピース(Eタイプ5サイズ、Aタイプ3サイズ)
装着方法
左右を筐体内側にあるL(左)、R(右)の表示にてご確認ください。本体を持ち、まっすぐに押し込み、安定する位置を探します。見つかったら、音楽を再生し、低音感をチェックします。低音不足を感じたら、耳道とイヤーピースが
フィットしていません。その際は、安定する位置を再度探すか、イヤーピースのサイズを変えてみて下さい。
イヤーピースのサイズは合っているのに、フィット感が物足りない際には、イヤーピースを水洗いする事も有効です。

※Adagioは密閉性の高いイヤーピースを使用しています。イヤホンを耳道に抜き差しする際は、穏やかに行って下さい。
鼓膜等身体に負担を与える可能性がございます。
※通常、耳の形状は左右でかなり異なります。そのため、最適位置は左右の耳で異なります。
音質レビュー
煌びやかな高域と、自然でしっかりと沈む低域が特徴的なスピード感溢れるサウンドです。自然な音場感と
輪郭のシャープさは、ヴァイオリンなどの弦楽器の緊張感を綺麗に伝えてくれます。
また、メタルなどの激しい音楽もスピード感をしっかり表現できます。ぜひヴァイオリンの響きに着目してみてください。
ユーザーレビュー
デザインはステンレスの筐体ということで高級感があり、かっこいいです。
ケーブルの出方が特徴的ですが、使っていて特に不便に感じることはありません。
私の場合は装着時に耳たぶを後ろに引っ張りながら耳穴に入れると、しっかりフィットして頭をぶんぶん振っても全然落ちないくらい安定して装着できます。
遮音性は普通のカナル型イヤホンと同等かそれよりかなり良いほうだと思います。
音漏れは爆音だと当然漏れますが普通の音量なら問題ありません。
音場は狭いけれど立体的です。
ちょっと大げさな言い方をすると音が左右だけでなく上下からも聞こえてくるような感じです。
どちらかというと高音よりですが、低音は良く締まっていてすごい低いところまでよく出てるので存在感があります。
高音は良く伸びるので女性ボーカルの曲には良く合います。
基本的にはシャープな音の出方をしますので、個人的にはスピード感のある曲はいい感じに聞けると思います。
BA型のイヤホンと違い、変に強調した音域がないのでなんというか、癒されます(笑)
でも、適度に刺激的なので聞いていて飽きないのでとても気に入ってます。
値段も手頃ですし、低音過多のイヤホンがあまり好きでない人や、BA型のイヤホンから買い替える人にはお勧めです。
(20代/男性)
とにかく音がきれいです。特に女性ボーカルが、それまで使用していたイヤホンの音とはまったく異なり澄み切った音で、楽しく聴けます。かといって、低音も出ており、曲のジャンルを問わず使用できるイヤホンだと思います。
(今は他のイヤホンの出番はなく、もっぱらAdagioⅤしか使っておりません。)
(40代/男性)
非常にいいイヤホンである。
価格は実売が一万円ほどであるにも関わらずダイナミック型の利点である残響感や肉厚な低音を存分に引き出している。
音の印象としては少し低音寄りな上から下まで程よいバランスのとれた機種である。
再生ジャンルとしては基本なんでも良いだろう。
ただ、トランスなどの音のキレを極端に必要とするものには向かないと感じた。逆にジャズやクラシックは温もりを持った音でとても印象が良い。
ROCKは予想以上に良かった。
また、本体のデザインに関してだがステンレス削り出しで見た目、手触り、耐久性も高いように私は感じる。
不満点というか、こうして欲しかったという点ならリケーブル可能なモデルが出てくれたら嬉しいと思う。
なにはともあれ、非常にコストパフォーマンスの良い一本である。私の知人も他社の同価格帯の数機種を勧めたところ迷わずこの機種を購入した。
高級イヤホンへのエントリー機として、また、オーディオマニアの方のサブ機種として別に買ってみるのも非常にいいと思う。
聞いたことのない方にはぜひ一聴していただきたい。
(10代/男性)
すべてのユーザーレビューを見る